サイクルヒーロー

目からウロコの自転車トリビア

ブレーキまわりの調整

ブレーキワイヤーの調整(前側)

ブレーキシューを確認

ブレーキシューを確認

ブレーキレバーのにぎりしろが多くなったら、まずブレーキシューをみてみましょう。

ワイヤーを確認

ワイヤーを確認

ブレーキシューが減ってない場合はワイヤーが伸びているか、ワイヤーを固定しているネジが緩んですべった為調整が必要です。工具は10ミリスパナを使用します。ワイヤーを固定しているナットを緩めます。

緩める前に、ワイヤーをこの様に持っていると後の作業がスムーズにはこびます。

ワイヤー仮締め

ワイヤー仮締め1

ワイヤー仮締め2

緩めたら、最初の位置よりワイヤーを張っていき、仮締めします。 レバーを握ってみて好みの位置になる様に調整します。

このとき、レバーからアウターチューブがはずれていないかチェックしながら作業してください。調整したら本締めをしてブレーキが効くか、左右のシューがリムに対して均等に隙間があるかチェックして下さい。

ブレーキワイヤーの調整(後側)

ナットを緩める

ナットを緩める

工具は10ミリスパナを使用します。ワイヤーを固定しているナットを緩めます。緩める時に、ナットのすぐ下にあるレバーを前に引いておきます。

ワイヤー仮締め

ワイヤー仮締め1

ワイヤー仮締め2

緩めたらワイヤーを後ろに引っ張って仮締めします。この時、レバーからアウターチューブが外れていないかチェックしながら作業して下さい。好みの位置に調整したら本締めし、ブレーキが効くかチェックして下さい。

ブレーキシューの交換(前側)

ブレーキシューを確認

ブレーキシューを確認

ブレーキを握った時、にぎりしろが多くなってきたら、シューを見てみましょう。

ナットを取り外す

ブレーキシューを確認

接地面の溝が無くなっていたり、片減りなどでシューのアタリが悪くなっている場合は交換です。使用する工具は10ミリのスパナレンチ※工具2番です。シューを止めているナットをスパナレンチで左にまわして取り外します。

ナットを締める

ブレーキシューを確認

新しいシューをリムの接地面に合わせて、シューをしっかり持ってナットを締めます。
リムの接地面に対してシューのアタリ面が平行になってない場合、片減りの原因になりますので、プラスドライバーなどの太さの金属を用い、シューを取り付ける場所に差し込んで、広くなっている側に少し曲げます。急にたくさん曲げるとブレーキが破損するので気をつけてください。

ブレーキシューの交換(後側)

音鳴り

音鳴り

後ろのブレーキは、ほとんど交換を必要としないパーツです。バンドブレーキの音鳴りはかなりの確率で出てきます。これは故障や寿命とは違います。

音鳴りを解消するには交換が必要になります。かなりの経験を要しますので、ショップに依頼した方がよいでしょう。

グリスを入れる

グリスを入れる1

グリスを入れる2

ローラーブレーキは音鳴りしにくい構造になってますが、中のグリスが劣化や少なくなると、音鳴りが出ます。グリス注入口からグリスを入れることで解消できます。

グリスはメーカー指定のものを使用します。ブレーキ上側の小さなキャップをはずしてリアタイヤを回しながら注入します。どちらも異常やブレーキを掛けても効かなくなったときはショップに依頼してください。安易に自分で分解・修理すると思いがけない事故につながるかもしれません。

Vブレーキの調整

ブレーキレバーを確認

ブレーキレバーを確認

ブレーキレバーをにぎったり放したりを素早く5.6回程度行ってください。左右の動きを見て、片方しか動いていなかったり、 同時に動いてなかったら調整が必要です。

使用する工具はプラスドライバーです。Vブレーキ本体を止めている六角ボルトの横にプラスのボルトが付いています。

ボルトを締める

グリスを入れる1

動きが悪い方のボルトを4/1回転ほど時計回りに締めます。(プラスの山を潰してしまわないように自転車をしっかりささえて、ドライバーをボルトに押し付けてしめてください。)

もう一度レバーを5.6回握ってください。左右一緒に動いたら完了です。まだおかしかったら最初の作業を繰り返します。場合によっては数回繰り返すことがあります。

Vブレーキシューの交換

ナットを緩める

ナットを緩める

交換には5ミリの六角レンチ※工具を使います。
シューを止めているナットを六角レンチで反時計回りに緩めます。

シューをセット

シューをセット

新しいシュー(ワッシャが沢山ありますが順番を間違えずに!)をセットし、ボルトを手で仮組みしたらレバーを握ります。

※日本人は「ワッシャー」と言いますが、本場では「ワッシャ」と言ってます(^^;)どちらで表記したらいいものか・・・

シューをチェック

シューをチェック1

シューをチェック2

握ったままシューを見てみましょう。リムのシューがあたる面に対して、シューの接地面がきれいに平行にあたっているかチェックします。

きちんとあたっている事を確認したらレバーを握ったまま六角レンチで締めます(レバーを強めに握るとシューがずれにくくなるので締めやすいです。)。

一旦レバーを放して再度レバーを握ってあたり具合を確認します。完了後はブレーキが効くかゆっくり走りながらチェックします。

Vブレーキのワイヤー調整

ワイヤーの確認

ワイヤーの確認

ワイヤーが伸びたり、シューが減ってレバーの握り代が多くなった場合は調整をします。レバーにワイヤー調節のアジャスターが付いている物はアジャスターを反時計回りにまわして伸ばします。好みの握り代になったら完了です。

ボルトを緩める

ボルトを緩める

アジャスターの付いていない物は5ミリの六角レンチ※工具6番を使用します。Vブレーキ本体に繋がっているワイヤーを固定しているボルト(赤丸部分)を反時計回りに緩めます。(本体を手ではさんでワイヤーをブラブラにしておきます。)

緩めたらワイヤーの先をつまんで引っ張り、ワイヤーのアウターチューブがちゃんと入っているかチェックしてから六角レンチで締めます。

手を放してレバーを握ってみて好みの位置なら完了です。駄目なら再度調整します。完了後はブレーキが効くかゆっくり走りながらチェックします。

一覧へ

みんなを守るヒーロー君って?

目からウロコの自転車トリビア」

MENU

ご利用ください

コールセンター

コールセンター

万が一のお困りごとのご質問や、どんな自転車を買ったらいいのか?など、サイクルヒーローコールセンターをお気軽にご利用ください。

出張修理については、ご購入店舗にご連絡ください。

楽天店へ

サイクルヒーローは自転車メーカー
サカイサイクルの直営販売店です。