サイクルヒーロー

目からウロコの自転車トリビア

自転車のメンテナンス

自転車のお手入れ方法

車は洗車するのに、どうして自転車は洗車してくれないの!?と自転車達はいつも訴えてます。
ワックスをかけてあげれば、汚れもつきにくくないます。定期的に綺麗に拭いてあげるだけで、1年後の自転車の状態はかなりかわってきます。当たり前のことですが、なかなか自転車に手をかけてくれる人が少ないな〜と街中の自転車をみてよく思います。

使用していくにあたり、部品の老朽化などは防ぎようがありませんが、日々のメンテナンスにより、大きく変わりますので、車の洗車時にでも、自転車も一緒に是非ともお手入れしてあげてください。

フレーム表面の汚れ落とし

フキフキ

フレーム表面の汚れは濡れ雑巾などで拭いてください。ひどい汚れは自動車用のケミカル用品を使用するといいでしょう。

※ケミカル用品とは、車のワックスやつや出し剤など。

【余談】
水垢など綺麗にしたい時、ご用達!コンパウンド(極細)!これでふき取ると綺麗に取れ、つやまででちゃいます! 但し、コンパウンドは削って落とすものとなりますので、やりすぎにはご注意!

サビ防止

メッキ処理

メッキ処理された部品は特にさび防止のため、車のワックスなどをかけておくことをお勧めします。

これをするだけで、日々の汚れやサビの進行度が全くかわってきますよ〜

リム表面のサビ・汚れ落とし

この部分には塗らない

リム表面の汚れやさびには市販のさび落し剤を使います。

その際、特にブレーキのリムサイド部分には油脂分やワックスなどがつかないよう注意して下さい。また、注油などは絶対厳禁です。ブレーキが利かなくなるおそれがあり危険です。

サドル表面の汚れ落とし

この汚れも取れる

サドル表面の汚れやグリップの手垢などは家庭用中性洗剤などを利用しましょう。

全般的に自転車のお手入れには、家庭用や自動車用のケミカル製品が便利です。

汚れきってしまう前に手入れしていけば長期使用できます。

毎日メンテナンス

自転車は、通勤や通学で毎日利用することが多い乗り物。
いつどこで、衝撃が加わり自転車が・・・・かわかりません(><)
早期発見!早期治療!が、一番長く自転車を乗れる秘訣であります!
したがいまして、毎日少し気にかけてやって下さい。

チェック箇所

タイヤのエアーチェック

●毎日乗る前は必ずタイヤのエアーチェックをしましょう。

少ない空気圧で走るとチューブの磨り減りによるパンク、段差や凸凹でのリム打ちによる2穴パンク※、タイヤの異常磨耗を引き起こします。

※スネークバイトといいます。ひどい時には修理不可能の場合があります。

●ベルがちゃんと鳴るかチェックしましょう。

●道路に出る前に、ハンドルをきった時、ブレーキ線のひっかかりがないか、ブレーキが動いているかチェックしましょう!

●乗り出したら、ペダルまわりの音と振動をチェックしましょう。カラカラ音など、 チェーンの伸びや緩みは必ず音に出ます。

いつもと音が違うと思ったらメンテの時期です!

定期的のメンテナンス

車の車検と同様!自転車の点検をしてあげてください。(毎月1回程度が理想です。)

タイヤ表面

ヒビワレ

よく観察して、以前との違いを見抜ぬくのです!

●まずは、タイヤ表面の亀裂やヒビなどないかチェック!接地面の溝が磨り減ってなくなっていたり、中のワイヤーが見えているような場合は交換が必要です。

パンクはしていないが、すぐに空気が減るようなら虫ゴムが原因の場合があります。バルブのねじをはずして空気が漏れていないか、調べてみてください。

ゴム・車軸・ネジ

ゴムが裂ける・ヒビがはいる

また、ゴムが裂けている、ヒビがはいっている場合は空気が抜けていきます。この場合は、タイヤの交換が必要です。

●車輪を回転させ、縦横に振れていないか、車軸にブレがないかチェックしましょう。衝突などの大きな衝撃を与えたことにより、振れがひどい、破損している場合はリムの交換が必要になります。

●各部ネジ類の緩みをチェックしましょう。ペダルを回転させて、チェーンがフレームやチェーンケースに当たって音がしないか調べます。異音がする場合、チェーンが伸びてたるんでいる可能性があり、調整が必要です。

チェーン

チェーン

●チェーンには定期的な注油が必要です。市販のスプレー式オイルなどで注油して下さい。!!
ブレーキ部分に付着しないよう十分してください!!
(但し、チェーンが見えないタイプは、ケースの後ろ部分にある小さなネジを外してふたをあけ注油しますが、わからない場合はショップで対応していただくほうがよいでしょう。)

スタンド・サドル

キュッキュ

●スタンドにガタがないか、自転車を立てた時に適度な角度になるかチェックしましょう。

スタンドの動きがスムーズでない場合は稼働部分に注油をおこないます。

●サドルを持って前後左右、上下に力を入れて、動かないかをチェックしましょう。サドル上面は地面と水平が基本です。前後に傾いていると、走行中にお尻がずれたり、痛くなったりしますので調整しましょう。

ハンドル

キュッキュ

●ブレーキワイヤーの根元が切れてないかレバーを力いっぱい握ってみましょう。

小さな音で「プチプチっ!」と鳴った時はブレーキワイヤーの交換時期です。(ワイヤーは細い鉄線を編みこんだ物です。使い込んだワイヤーは金属疲労を起こして少しずつ切れていきます。全てが切れる時は一気に『バチン』と切れて怖い思いをしてしまいます。)

●前ブレーキのゴムが極端に減っていないかチェックしましょう。レバーを握って、遊びが大きくないかチェックしてください。(ブレーキは非常に重要な箇所です。異常があれば自分で調整せず、なるべくショップで調整してもらってください。)

●前輪を前から両足ではさみ固定して、両手でハンドルを持ち左右に強くひねってうごかないか調べます。乗車した状態で、ハンドルを持ち上下に動かないか調べます。ハンドル取付に緩みがあるとブレーキ時に動き、大怪我をする恐れがあります。

一覧へ

みんなを守るヒーロー君って?

目からウロコの自転車トリビア」

MENU

ご利用ください

コールセンター

コールセンター

万が一のお困りごとのご質問や、どんな自転車を買ったらいいのか?など、サイクルヒーローコールセンターをお気軽にご利用ください。

出張修理については、ご購入店舗にご連絡ください。

楽天店へ

サイクルヒーローは自転車メーカー
サカイサイクルの直営販売店です。