サイクルヒーロー

目からウロコの自転車トリビア

バルブの種類

バルブの種類

英式バルブ

英式バルブ

一般車(ママチャリ・シティサイクルなど)に多く使われております。

【メリット】
英式バルブのメリットは、なんと言ってもい普通の空気入れで扱えること(慣れていること)、そして、一番多く出回っていますから補修も容易です。

英式バルブについている虫ゴムは劣化していきますので、定期的にチェックし、交換しなければなりません。この虫ゴムやバルブに使う部品も普通に売られていますし、交換も簡単です。

【デメリット】
虫ゴムの寿命がその他のバルブに比べて短い、また構造上どうしてもエアが漏れやすいこと、ロードなどの高圧タイヤには不向きなことがあげられます。

米式バルブ

米式バルブ

大きなストレスのかかる自動車や、バイク、自転車(一部)に使われております。

【メリット】
自動車やバイクと同じ構造で、ガソリンスタンドで空気を入れることができます。

米式バルブは構造が丈夫になっており、バルブが壊れることは滅多にありません。
米式バルブには虫ゴムは使われていないので、交換をする必要はありません。
また、バルブ中央のヘソを押さえることで簡単に空気を抜く(調整する)ことが可能です。

ただ、空気の入れ方が今までの英式バルブ(ママチャリについているバルブ)とは違いますので、いざ空気を入れようとしたときに戸惑ってしまわれるお客様が多くいらっしゃるようです。ご存知ないだけで、慣れてしまえば簡単!米式バルブというのはかなり頼りになり重宝するバルブなのです。

また弁構造ですので、エアも漏れにくくなります。

【デメリット】
耐久性に優れていますが、重量があります。
古い型のポンプでは、空気を入れることができません。

⇒米式バルブの空気の入れ方はこちら

仏式(フレンチ)バルブ

仏式(フレンチ)バルブ

スポーツ車に多く使われております。

【メリット】
仏式(フレンチ)バルブは他のタイプのバルブと比較して、より高圧に耐えられる、空気圧の調整がしやすい、また軽量であります。

適正な空気圧の管理は快適な走りの第一歩です。空気があまいと走りが重なるだけでなくタイヤ、チューブの傷みが早まり、パンクもしやすくなります。空気入れはフレンチバルブ専用の圧力計付きのものを揃えて頂くのがベストです。ぜひマスターしていただき、快適なサイクルライフをお楽しみください。

【デメリット】
折れてしまう場合がありますので、ノズル部分の取り扱いには注意しなくてはなりません。 一般車用の空気入れでは空気が入れられません。

⇒仏式バルブの空気の入れ方はこちら

米式バルブの空気の入れ方

大きなストレスのかかる自動車や、バイク、自転車(一部)に使われております。

【メリット】
自動車やバイクと同じ構造で、ガソリンスタンドで空気を入れることができます。

米式バルブは構造が丈夫になっており、バルブが壊れにくいです。 米式バルブには虫ゴムは使われていないので、交換をする必要はありません。 また、バルブ中央のヘソを押さえることで簡単に空気を抜く(調整する)ことが可能です。

ただ、空気の入れ方が今までの英式バルブ(ママチャリについているバルブ)とは違いますので、いざ空気を入れようとしたときに戸惑ってしまわれるお客様が多くいらっしゃるようです。ご存知ないだけで、 慣れてしまえば簡単!米式バルブというのはかなり頼りになり重宝するバルブなのです。

また弁構造ですので、エアも漏れにくくなります。

【デメリット】
古い型のポンプでは、空気を入れることができません。

空気の入れ方手順

米式バルブ

【1】 Bの”レバー”をあげて、Aの”洗濯バサミ”をぬいて、準備完了です。

米式バルブ

【2】米式バルブです。
黒いキャップをまずは外しましょう。

米式バルブ

【3】真ん中のヘソを押すと空気が抜けます。

米式バルブ

【4】最初に洗濯バサミを外したポンプのレバーをあげて、その先をバルブに押し込みます。ギュッと真っ直ぐに。空気がシューっと出てくるのですが、そのまま押し込みながら、レバーを下げてください。

米式バルブ

【5】この状態(指を外した状態)で空気を入れます。

米式バルブ

【6】終わりましたら、レバーをポンッとあげて、外して完了です!


仏式バルブの空気の入れ方

スポーツバイク、特にロードには一般に使われるバルブがフレンチバルブです。

【メリット】
バルブ自体の重量も軽くできており、高圧にも耐えられる、空気圧の調整がしやすいものとなります。 虫ゴムと異なり、内部は弁構造となっており、いったん高圧にしてから、徐々にエアを抜いて微妙な空気圧調整も可能になります。また虫ゴムのように、空気を入れるときに虫ゴムを膨らますのでなく、内部の弁を可動させるだけですから、専用の空気入れがあると、英式に比べてラクに高圧に空気を入れることができます。

【デメリット】
軽量な分、細くて繊細にできている為、折れてしまう場合がありますので、ノズル部分の取り扱いには注意しなくてはなりません。 一般車用の空気入れでは空気が入れられません。
空気圧の高すぎ、低すぎもよくありません。「ガチガチにタイヤをするのが好きだ!」など、乗る方の好みもあるのですが、入れるすぎるとゴツゴツするだけだけでなく、破裂(バースト)する場合もあります。
逆に、街乗りの感覚のまま、かなり減ってから空気を入れる感覚ですと、走りが重なるだけでなくタイヤ、チューブの傷みが早まり、パンクもしやすくなります。

適正な空気圧の管理は快適な走りの第一歩です。
まず最初は、適正な空気圧にして頂き、乗る前にタイヤを指で押して、凹み具合(硬さ)を確認し、今日もOK!出発!という習慣をつけて頂きたいと思います。そうすると、その車種の適正の空気圧が、感覚でわかってくるようになります。
適正の空気圧はタイヤの種類によって、様々です。乗車される自転車のタイヤサイドに記入されておりますので(とても確認しずらいのですが)その数値をご確認して頂き、適正にあわしてください。
※空気圧の単位はkPa、もしくはP.S.I、 kg/uが使われています。
ぜひマスターしていただき、快適なサイクルライフをお楽しみください。

空気の入れ方手順

米式バルブ

【1】 Bの”レバー”をあげて、Aの”洗濯バサミ”をぬいて下さい。そして、仏式(フレンチ)バルブのアダプターがBにはめ込まれているので、それをとって、準備完了です。

米式バルブ

【2】仏式(フレンチ)バルブです。 黒いキャップをまずは外しましょう。

米式バルブ

【3】仏式(フレンチ)バルブはこのような形状をしています。先端にネジ(A)がついているのが特徴です。Aの黒い部分のネジをクルクルまわして、止まるまで上に上げてください。

【注意】 細くて華奢にできていますから、取り扱いの際に、ラフな扱いをするとすぐに破損したり、曲がってしまったりすることがありますので、ご注意下さい。

米式バルブ

【4】上げきってから、上から指で下まで押すと、プシューッと勢いよく、空気がでてきます。
何度か押して頂き、空気がでるか確認をして下さい。この状態で、空気が入ります。

この作業を怠りますと、高い空気圧のため、長い間使用していなかったなどの理由で、バルブの中のパッキンが固着して空気が入らないことがあります。

空気を入れすぎた場合は、こうして空気を減らし、適正の空気圧にします。

米式バルブ

【5】付属している仏式アダプターを頭に取り付けます。

米式バルブ

【6】そして、最初に洗濯バサミを外したポンプのレバーをあげて、その先をバルブに押し込みます。ギュッと真っ直ぐに。

【注意】 ポンプはバルブの角度とあわして、はめ込んでください。斜めに力で押し込むと破損の原因となります。

米式バルブ

【7】そして、入り込んだら、レバーを下げます。
そして、頑張って入れます。
とりあえず、パンパンになるまで入れましょう。
(入れすぎると破裂するので、気をつけてくださいね。)

米式バルブ

【8】入れ終わりましたら、取り付けの逆の工程を行って頂き、最後に矢印の銀の金具をギュッと締めて下さい。
最初に緩めてもなかった部分なのですが、空気をいれたことによって、バルブが押し上げられる場合がありますので、それを締めなおす作業となります。
後はキャップをはめて、終了です♪

英式変換アダプターがある場合

米式バルブ

【9】上記【2】〜【4】までの作業工程をして頂き、その後で、仏式⇒英式への変換アダプターを取り付けてください。

米式バルブ

【10】後は、普通のママチャリ・シティサイクルの空気の入れ方と同じです♪洗濯バサミをアダプターに挟んで、空気を入れて下さい。
一般的な空気入れで、空気を入れることができますが、適正な空気圧まで入りきらないかと思いますので、ご注意下さい。

また、このアダプターをつけたままにしているのを見かけますが、空気漏れや、アダプターを盗られるなどございますので、ご注意下さい。

入れ終わりましたら、逆の工程作業を行い、終了です!

一覧へ

みんなを守るヒーロー君って?

目からウロコの自転車トリビア」

MENU

ご利用ください

コールセンター

コールセンター

万が一のお困りごとのご質問や、どんな自転車を買ったらいいのか?など、サイクルヒーローコールセンターをお気軽にご利用ください。

出張修理については、ご購入店舗にご連絡ください。

楽天店へ

サイクルヒーローは自転車メーカー
サカイサイクルの直営販売店です。